bg

『暮らす』をもっと楽しみたい人へ

 前歯で木を切りたおすあのかわいらしい動物ビーバーはどんな家に住んでいるか、ご存知でしょうか?
ビーバーといえばダムを作ることが有名です。そのダムの中の小島のような構造物内にビーバーの巣室はあります。
 玄関は水の中、木の皮などを敷いた生活スペースはダムによって常に水面より上になるように「設計」されています。ダムで貯めた水によって、巣への外敵の侵入を防ぐようにしているのです。さらにダム内には食料の備蓄があるといったことからダム全体がビーバーの家といえるでしょう。
 他の動物の住処も調べてみると、サボテンの上に作られた巣、気圧差によって空調ができるよう工夫した巣穴、さらにはその巣穴を間借りして発酵熱による暖房機能を付加するものまで、その独創的な住処には本当に驚かされます。

 私たちnoanoa空間工房は、動物それぞれに独創的な住処の形があるのと同じように、現代における生活スタイルの多様さから、家族それぞれに違った住まいの形があると信じています。そして、住まいを生み出していく過程を、建主はもちろん工務店や関わる全員が「深刻に考える」のではなく、「真剣に考え、真剣に取り組み、真剣に楽しむ」ことで、夢のある素敵な住宅ができると考えています。
 「家族で暮らす」という小さくささやかな幸せであっても、それを手にすること、維持すること、継続させることはとても困難なことです。だからこそ、”日常を楽しく暮らす”ということにフォーカスした家づくりが大切だと思うのです。
 これまで100軒以上、ご相談頂いたご家族に特別な住まいを、ひとつひとつ丁寧に提案し続けてきました。そのためか、気づいてみるとその中の1家族も住み替えをされることなく、今も大切に住み続けていただいています。
 一人一人の思いを丁寧に汲みながら、関わる全員がワクワクするような住宅を作ることを意識しているからこそ、住まい続けてもらえる家ができるのだと思います。
さあ、素敵な住まいづくりをはじめましょう!




大塚泰子

大塚泰子

twitter:@noanoadreams

経歴

1971年 千葉県生まれ

1994年 日本大学 生産工学部 建築学科卒業

1996年 日本大学 大学院 生産工学研究科 建築工学研究科 博士前期課程修了

1996年 株式会社アーツ&クラフツ建築研究所 杉浦伝宗に師事する。

2003年 有限会社ノアノア空間工房を設立

2013〜 大妻女子大学非常勤講師

2017〜 日本大学非常勤講師

2019〜 日本建築医学協会 理事

受賞歴

1996年 修士論文『商業基盤施設のイメージ効果に関する研究』斉藤賞

2008年 『ami cafe』釧路市景観奨励賞

2013年 『K/HOUSE』第20回 空間デザイン・コンペティション 入選

2014年 『N/HOUSE』『新田の家』第13回金属サイディング施工例写真コンテスト 入選

2015年 『双倉の家』第22回 空間デザイン・コンペティション 優秀賞

2018年 DISCOVER THE JAPANESE ART 2018 in LONDON 審査員特別賞

小さな家のつくり方: 女性建築家が考えた66の空間アイデア(草思社刊)

小さな家のつくり方

草思社刊 / 大塚泰子[著]

有限会社 ノアノア空間工房
Noanoa Spatial & Architecture Design Atelier

TEL:03-6434-7401
FAX:03-6434-7402
Email:japan@noanoa.cc

東京オフィス

アトリエ&ミーティング ルーム

〒106-0032
東京都港区六本木7-17-22
秀和六本木レジデンス701

東京オフィスマップ

事務所登録
一級建築士事務所
東京都知事登録 第58994号

設立 2003年4月